知っておきたいファクタリング

把握しておきたいデメリット

把握しておきたいデメリット

把握しておきたいデメリット 二社間ファクタリングは取引先が関与しないため経営状態を知られる心配がなく、スムーズに資金調達ができるというメリットがあります。
一方でファクタリングを行うための手数料が三社間と比較して高いというデメリットも存在します。
三社間で取引を行う場合の手数料の相場は譲渡する債権額の1%から5%とされていますが、二社間で取引を行う場合は6%から40%です。
三社で取引を行う場合は利用者が倒産しても売掛先の会社から直接的に回収できるので貸し倒れのリスクがありません。
しかし二社で取引を行う場合は一旦売掛金が利用者に支払われてからファクタリング会社の口座に入金されます。
利用者が売掛金を他の債務の支払いに使ってしまったり、自動的に口座振替で引き落とされるなどのトラブルが発生しています。
さらに利用者が倒産した場合にはファクタリング会社が完全に貸し倒れとなってしまうリスクが存在します。
三社での取引と比べて貸し倒れのリスクが大きいため、二社での取引は手数料が割高になっています。

二社間で行うファクタリングの手数料は高くなりがち

二社間で行うファクタリングの手数料は高くなりがち 一時的にお金を手に入れる仕組みの1つがファクタリングと呼ばれるものですが、大きく分けて二社間で行うものと三社間で行うものがあります。
このうち、債権譲渡を必要とせず債務者にファクタリングをしていることがバレないやり方が二社間で行う方法です。
この方法を利用することで、債務者に知られずファクタリング業者からお金を借りることができるでしょう。
業者からお金を借りる場合には手数料を払う必要があります。
実は、三社間で行う場合には業者にあまりお金を支払う必要はありませんが、二社で行う場合にはやや金額が高くなる傾向があります。
何故かと言えば、業者の立場から考えるとリスクがあるからです。
債権者に二重譲渡されてしまうリスクがあるからです。
そのため、手渡した債権に対して10%から25%程度のお金を支払うことになります。
ちなみに三社間で行う場合には債権譲渡をしているため二重譲渡する事は考えにくく、業者も現金回収できる可能性が高くなるため債権者が業者に払うお金は5%から8%位になっています。

新着情報

◎2022/3/17

情報を更新しました。
>二社間ファクタリングを行うときの長所について
>二社間ファクタリングの短所を押さえておこう
>二社間ファクタリングでトラブルを防ぐためのポイント
>二社間のファクタリングの税務処理に関することについて
>最新事情!二社間で完結するファクタリングという資金調達

◎2021/2/15

利用する際のリスクを解説
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

担保の設定なしに利用
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

個人事業主では使えない
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

デメリットについて
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「ファクタリング 手数料」
に関連するツイート
Twitter

トラストゲートウェイのファクタリングで資金調達! ⇒ブラックOK ⇒九州、福岡県エリアの事業者様の安心資金調達サービス ⇒最短1日で来店も不要 ⇒売掛金を3%~の手数料で現金化 ⇒取引先に知られず資金調達が出来る

手数料の安いファクタリング会社☆審査も甘い! MSFJで乗り換え(最大50%の手数料を節約できます) 法人、個人事業主、フリーランスなどの自営業者さんの確実な資金調達手段 銀行ビジネスローンよりずっと確実で早いです! ⇒

融資の次の選択肢! オンラインファクタリングサービス 【マネーフォワード アーリーペイメント】 手数料率の安さと運営企業の信頼性は抜群! まずは無料で見積依頼を

AIによるスピーディかつ柔軟な審査のPayTodayは来店不要!ネットで完結、最短即日で入金可能のファクタリング手数料も安値でお得です

フリーランスや自営業者にとって、つなぎ資金の調達は頭を悩ませるもの。銀行融資より入金の早い請求書買取(ファクタリング)によっての資金調達も、当然経営者や自営業者なら視野に今後は入れておくべきだと私は強く思う。 ▼請求書買取「ラボル」初回手数料半額▼